高原 尚司 TAKAHARA Shoji
My work is constructed with inanimate and nondescript materials such as glass, squared lumber , fluorescent tubes, steel sheets and lightboxes. Furniture, such as desks, chairs and bookshelves, are also used as material by burning their surfaces and there by erasing all individual features. My work is achieved through either adding new meanings to or stripping off the original meanings from everyday objects by shifting their " codes" on which they exist
.
" Ambiguous Space Between lip and lip: 21 Red Boxes" which I had presented last year, consisted of lightboxes with red filter circularly placed on the floor. Here I had in mind the meaning of the color red; in this case not as one continuos expansion but as separate, luminescent entities arranged in a circle of eternal continuum that know no beginning nor end. Color, at once physical and metaphysical, is projected into space: of such space I sought to question what I could and could not share with the viewers.

1. This year's " Sky: 25 boxes" is a series of last year's work. Whereas red, an abstract color, was used in my previous work, blue, the color of the limitless sky, is confined into 25 boxes arranged in a square on the floor. The viewer looks down to skies which are equally luminescent as the real sky: the only difference is the point of view. It is my theme to seek alienation within our common recognition of the sky ,and hence provoke the varying responses of the viewers: the possibilities of sharing and rejection; or simply put, communication with others.
I believe that the only way to arouse a common language between my viewers and I is for my work to cease to represent my self. Art is l but a medium: it is merely a catalyst that touches off changes in our perception. My work is not an attempt to show objects as they are ,but is a pursuit in the generation of ideas that arise from the objects I present.

私の作品はガラス、角材、ウレタン、複数の蛍光管、鉄板、ライトボックス等、無機質で無表情なものを 素材として構築される。または、予め用意された家具、(机、椅子、書棚)の表面を焼くことによってその 表情を消し去り素材の一つとなる。それら日常的製品のコード(code)をずらすことによって意味を剥奪したり 、また意味を加筆したりする作業を行っている。

昨年、発表した「唇と唇の曖昧な隙間 −21の赤い箱−」はライトボックスに赤いフィルターを入れ円形に床に 並べた。「赤」の持つ意味、それも大きな色面ではなく、区切られ、自ら発光する「赤」。始まりも終わりもない 永遠の連続性としての円。色の具象性、または、色彩としての抽象性を空間に投げかけるとき、鑑賞者と何を 共有して、何を反目させるかを問いかけた。その連作として、今年の作品「−空− 25のライトボックス」 はある。昨年との相違は抽象的な色彩「赤」に対して「青」空の色。空の無限的な広がりを限定さすために 箱に押し詰め5×5の列を床に並べる。見上げていた空を見下げる。しかし、実際の空が太陽の光に透かされるように、 これもバックプリントにより後部からの光で発光する。仕掛けは同じ。ただ、視点が異なる。この空という 共通認識に内なる「他者」(共有と反目または、コミニュケーションと置き換えてもよい)を見いだすことが テーマである。

私は、私の作品が、私自身であり続けないことが鑑賞者にとって共通言語を喚起させる唯一の方法であると考える。 芸術は媒体であり意識の変化を触発する触媒にすぎない。「もの」そのものを見るためではなく「もの」の媒介に よって得られる観念を追求する。作品はそのためのプレゼンテーションである。









住所

TEL

FAX


事務所
住所

TEL

FAX



生年月日
1957年
出身地
愛媛県
出身校
東京造形大学絵画科


代表作品

受賞歴

展覧会
・1983年よりギャラリーQ、ギャラリー+1、ギャラリーなつか(東京)、ギャラリー射手座(京都)、エスパス21(松山)、テアトルフォンテギャラリー(横浜)等で個展多数。
また、韓国水原市、ロサンゼルスLA ART COREをはじめ、六本木ストライプハウス美術館、福岡県立美術館、久留米石橋美術館、京都市美術館、埼玉近代美術館等での展覧会に参加。
・1993年からは、モダンダンスとのコラボレーション及び舞台演出など多岐にわたって活躍。
・1998年1月 グループ展(ニューヨーク CORTLAND JESSUP GALLERY)